ほんとは寂しかったんだ

組織に属したり、グループ行動を取ることが昔から苦手です。
そのかわり、ひとりぼっちでいることが少しも寂しくありません。

孤独に強いことが、わたしの強み、長所、美点であると考えてきました。

学生の頃など
「わたしって寂しがり屋さんだから〜いつも彼氏と一緒じゃないとダメなの〜」
みたいな女がいると、バカじゃないかと思って軽蔑してました。


昨年11月頃に、母親との関係が激変しました。
それまではコタツの中で足先が触れることさえ我慢ならなかったのが、
ほとんど毎日お互いに抱きしめ合えるようになりました。

そうしていると、小さい頃の自分の姿が観えてきました。
1歳にもならない赤ちゃんのわたし、ほかに誰の姿も見えない和室で、座布団のうえに横たわっています。
目は覚めています。泣くでもなく暴れるでもなく、静かに静かに転がっています。

最初に観たときは「ちっちゃい頃から孤独好き!」と苦笑いしてスルーしました。

インナーチャイルドであることはわかるのですが、なにを訴えてくるわけでもない。
ただおとなしく転がっていて、どんな感情があるのかもわかりません。
同じ場面が繰り返しあらわれますが、こちらも黙って観ているしかなく、
観えたときにはとにかく観ていることにしました。

そしてあるとき、はっと気がつきました。


めちゃめちゃ寂しかったんだ!


ちっちゃい頃から孤独好きだったんじゃない、
ものすごく寂しかったけど、じーっと我慢してたんだ。
おかあさんに抱っこしてほしかったけど、「抱っこして」って言えなかったんだ。
もっとかまってほしかったけど、「かまって」って言えなかったんだ。
話しかけてほしかったけど、そばにいてほしかったけど、かわいいって言ってほしかったけど・・・

だけど、そんなふうに寂しがってたら、寂しすぎて生きていけない。
だから隠れた。本当に愛してほしい受け入れてほしい相手の目には、自分の姿が映らないように。
そして封印した、寂しがり屋の自分を。抱いてほしい、触れてほしいというカラダの声を。


狂ってたと思う。それはほんとに不自然で、狂ってた。
その狂気は20代のときに表面化して、オトコ関係にあらわれた。
そして今もまだ残ってる。


そんなに寂しかったのに、気づいてあげられなくてごめんね。
ギャーギャー泣いていいんだよ。泣きわめいてもいいんだよ。
心のなかでそう言うと、滂沱の涙があふれてきます。
この涙が尽き果てるまで何度でも泣こうと思います。
最初のときに比べると、泣きっぷりが落ち着いてきていますので、
もうすぐ終わると感じています。


[PR]
# by excusemoi | 2017-02-05 18:35 | ヒーリング Healing | Trackback | Comments(0)

ブエノスアイレスにて

年末からキューバのハバナを経て、アルゼンチンはブエノスアイレスへ行ってきました。

ホテルから近いサンテルモ地区の広場で
露店を冷やかして歩いていたら、
タロット占いのおじさんに
「日本から来たの?」
のようなことを話しかけられました。


しばし他愛のない会話をしたあと、おじさんが急に

「Are you sensitive? (あなたは敏感ですか)」

と訊いてきました。
この場合の“敏感”は“霊感がある”というふうに訳してもいいかと思います

わたしが「はい」 と答えると、おじさんは

「You have a good spirit.(あなたはいいスピリットをもっている)」

と言ってわたしの胸腺に触れ、

「I like it. Open.(すてきだね。開いてごらん)」

と言いました。

そのとたん、わたしの目から涙がこぼれ落ちました。

おじさんは何度も何度も「Let it open.(開きなさい)」と繰り返し、
こんなふうに言ってくれました・・・

そのスピリットがあることで、これまであなたの人生は困難だったかもしれないね。
でも、それは同時にギフトだから。人生の贈り物だから。
その魂が開くことを許しなさい。OPENになるんだよ。

嬉しかった。嬉しくて、涙が止まらなかった。
はるばる地球の裏側で、こんなメッセージが待っているとは思わなかった。

HDIGBTT?

おじさんが言うように、let it open するには、わたしはどうあればいい?



[PR]
# by excusemoi | 2017-01-16 00:29 | 旅 travel | Trackback | Comments(0)

最近見た映画

モーターサイクル・ダイアリーズ 通常版 [DVD]

ガエル・ガルシア・ベルナル,ロドリゴ・デ・ラ・セルナ,ミア・マエストロ/アミューズソフトエンタテインメント

undefined

殿、利息でござる! [DVD]

阿部サダヲ,瑛太,妻夫木聡,竹内結子,寺脇康文/松竹

undefined




[PR]
# by excusemoi | 2016-11-17 11:05 | 自分用メモ Private Memo | Trackback | Comments(0)

ビバ!赤ちゃん ^o^


2016年10月14日、第1回 さくら*こども食堂で、ボランティアスタッフの一員として、1時間の英語クラスを担当しました。


参加してくれたのは、保育園児、小学生、そしてママに抱っこされた離乳期の赤ちゃん。
もちろん、まだ日本語もしゃべれません。

だが、しかし・・・

赤ちゃんたちが授業内容を理解しているのがビンビン伝わってくるんです!

発音練習に会話練習、実際に声を出すのはママたちだけど、
わたしから見ると赤ちゃんがやっているのがわかるんです。

まったく泣かない、よそ見もしない、ものすごい集中力です!

なかでもわたしがいちばん驚き、感激したのは「テレパシーゲーム」です。

もともとは俳優の訓練に使われる手法で、これを英語に応用しました。

ひとり前に出てきてもらい、心のなかで好きな食べ物を決めてもらいます。
それをみんながテレパシーでキャッチします。
ピンときた人は "Do you like ◯◯?” と訊き、"Yes, I do.” の答が返ってきたら正解です。


このゲームをね、赤ちゃんたちがやってるんですよ。やっているのがわかるんです。
もちろん何にも言わないけれど、目力というのかな、
わかった! わかった! と、目が言っている。
それこそテレパシーを使って、送ってくるんです。


<ことばの壁>がないんですよね。
考えてみれば、赤ちゃん、動物、植物などなど、
いわゆる“無邪気”な生き物はみなそうですね。

わたしの甥っ子が生まれたばかりの頃、90歳の祖父と会話していたのを思い出します。
どちらも「うー」とか「あー」としか言ってないけど、しっかり会話が成立してました。


そうそう、言い忘れてはいけません。小学生と保育園児も大活躍してくれましたよ!
こんなクラス、またやりたいな・・・と思いました 045.gif


みんなでつくる さくら*こども食堂は今後も毎月第2金曜日に開催されます。




[PR]
# by excusemoi | 2016-10-15 15:15 | 講師 Teaching | Trackback | Comments(0)

いいこと がやってくる仕組

今年の冬は生まれて初めて南半球へ行ってみたいと思い、正月早々スケジュール帳の年間予定に「南半球へ行く」と書いた。

とはいえ、具体的な計画はない。理由はないがオーストラリアを想定し、豪ドルを買ったりもしたが、結局ブエノスアイレス(アルゼンチン)へ行くことにした。

友達のAちゃんと一緒に行きたくて、誘ったのだが都合がつかず、一人旅ということになる。

早速インターネットで航空券の申し込み。ところが、支払い手続きをしようとするとパソコンがフリーズしてしまう。航空会社、代理店、いくつかのサイトで試してみたが、何度やっても同じこと。どうしても予約完了にいたらない。

<これよりもっといいことは?>

身動き取れずにいるうちに、空席はどんどん埋まっていく、値段はどんどん上がっていく。あせっているところへ、Aちゃんからメールがあって

「キューバに行きたい」と。

キューバは私も前々から一度訪れてみたかった国。これ幸いと
「一緒に行こう。キューバとブエノスどっちも行こう」
と提案したら、快諾してくれた。

Aちゃんと一緒に行きたいという私の願いが叶ったのである。

<これよりもっといいことは?>

インターネットで良い航空券が見つかった。ところが今度はハバナのホテルが軒並み満室なのだ。ネット検索ではラチがあかない。航空券の見当だけつけて、駅前の旅行代理店に飛び込んだ。

代理店のカウンターで、まず航空券をチェックする。これが良い、と思っていたのを調べてみると、昨夜は7席空いていたのに今朝になって満席だというではないか!

<これよりもっといいことは?>

「これなら取れます。1万円高いですが」と言われて詳細を見ると
「あっ、これだと乗継がすごく楽になりますよ!」。
最初の予定では乗継12時間だったのが、なんと2時間に短縮された。

<これよりもっといいことは?>

電光石火で予約を入れて、さて次は……問題のホテルだ。旧市街、ツイン、5泊で20万円前後——ありました、しかも残り1室。写真を見ると、古き良きキューバの雰囲気に満ちて、うっとりするほどゴージャスな外観内観。こんなに素敵なホテルは想定していなかった。言うまでもなく、その場で予約完了。

支払いを済ませ、店を出てしばらくすると、胸の奥からあらためて喜びと驚きが湧き上がってきた。


パソコンがフリーズした、航空券が売り切れていた等々、一見「うまくいかない」と思えた出来事が、実は、もっと素晴らしい可能性への扉になっていたんだ。

問いかけ。潜在意識に任せる。宇宙にお願いする。思考の現実化。祈り。引き寄せ。様々な言葉で表現されるその仕組みが、今回の一連の流れを通して実感できた。うん。わかってきた。わかってきた。わかってきたぞー!

これよりもっといいことは何?



[PR]
# by excusemoi | 2016-09-28 14:01 | 雑記 Diary | Trackback | Comments(0)

キンモクセイ

なんだ、この暑さは!
秋はどこへ行った?
と思いながら歩いていたら
金木犀の香りがフワリ
秋ならここにいるよ、って。

I was walking down the street, thinking
What a hell is this hot,
Where has autumn gone?
Just at that moment,
Wafted a scent of osmanthus.
Saying —— It’s right here!




[PR]
# by excusemoi | 2016-09-27 15:04 | 創作 Creative Writing | Trackback | Comments(0)

時間という枠を超える


時間とは幻想である。

c0330778_15094570.jpg

[PR]
# by excusemoi | 2016-09-24 15:13 | Trackback | Comments(0)