ステップアップ(恨みから感謝へ)

わたしのインナーチャイルドがいつも
親に◯◯された
親が◯◯してくれなかった
と、文句ばかり言っているので

悲劇のヒロインかよ!
どんだけ恨めば気がすむの!?
被害者意識を捨てないと被害者になる現実をますます引き寄せるよ!
・・・と思うことも正直ありました。

しかし、いきなり「ポジティブ思考をしろ」といっても無理なのです。「よかったことを思い出せ」といわれても、ネガティブ・バイアス(*)が邪魔になります。「感謝することを探せ」といわれても、実感のない上っ面の感謝しか出てきません。


①自分が被害者であったことを認める
②抑え込んでいた感情をとことん感じてあげる
③恨みつらみをしっかり吐き出す

個人差があるでしょうが、少なくともわたしの場合
まず最初にこれらのステップを踏む必要があったのです。


先日のことですが、
朝から何度も、仲睦まじい親子連れを見かけました。赤ちゃん〜3歳ぐらいの子どもとママ、パパ、おじいちゃんおばあちゃんです。

その様子を見ていて、

あーそうだ、わたしもこんなふうに大切に扱ってもらったことがあったんだ

と気がつきました。

髪を梳かしてかわいいゴムを結んでくれたり・・・

お母さんごっこをするために、うさこちゃんのぬいぐるみを背中にくくりつけてくれたり・・・

わたしの親だって、いつもいつも横暴だったわけじゃない、冷たかったわけじゃない、無関心だったわけじゃない。
やさしいときもあった。そばにいてくれたこともあった。かわいがってくれたときもあったんだ。

そのときどきの温もり、匂い、安心感がじんわり蘇ってきます——
頭では忘れていても、体がおぼえていました。
ハートの中から「ありがたいな」という気持ちがじんわり染み出してきます。
これが本当の感謝の念というものなんだなぁ。


ようやくここまでくることができました。えらいぞ自分!!
さあ、次は? 何が出るかな♬何が出るかな♬



(*)10の良いことより、1つの悪いことの方が印象に残りやすいという脳の働き


[PR]
by excusemoi | 2017-12-11 16:15 | ヒーリング Healing | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://excusemoi.exblog.jp/tb/28557829
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 明けましておめでとうございます お金の愛 >>